DIY

壊れたベビーゲートをDIYで修理! 四歳児にも対抗できるゲートをラブリコで手作りしたい !

6月 13, 2022

使い続けているブライワックス。色味はジャコビアンが好みです。

       

季節の花、ひこうき雲、昼間に見える月、何らかのサイレン。

子供と一緒だったから気づいた事が、いくつかありました。

いま、息子はかくれんぼにハマっているという事も。(疲れた・・・)

三月の梅の花。
まあ、三月の写真なんですが・・・。

息子はもうすぐ4歳。めきめきと力が強くなって、

私の手作りのベビーゲートなど、壊してしまうのであります。

   

      

久ぶりのDIYは、ベビーゲートの修理。

息子2歳の頃。ご覧の通り、右側の扉の下に大きな隙間があるというのも弱点でした

さてもう6月なので、暑くならない午前中に手際よくやりたい。

今回のDIYは、壊れたベビーゲートの修理。そして設置場所の移動です。

こういう金属の金具、ふつう壊れるものだろうか・・・?

割れてしまったベビーゲートの金具。
割れてしまったベビーゲートの金具。

妻と相談した結果、リビングから脱出できないように設置していたゲートを、

キッチン入り口に移設することになりました。

もう4歳なのでリビングから出たい気分の時もあるでしょうが、

キッチンには危ないので入らないで欲しい ・・・というコンセプトです。  

     

    

傷の少ない木材を選んで、1x4材は1820mm、2x4材は2332mにカットしてもらう。

2x4材の方は、のちにラブリコを取り付けて柱にします。

強大なつっぱり棒になるわけです。

    

      

木工室でレンタルできるサンダー。
ご時世なので、レンタルできる時間は短縮されてしまいましたが、頼りになります! 木工室。

よく行くホームセンターのレンタル木工室で、サンダーをかける。

スタッフさんに適当に240番の布やすりを選んでもらいました。

    

    

色は、BRIWAX(ブライワックス)で調整します。

そして、いつものBRIWAXを塗り込みます。

私は使い古したハンカチなどを使って、ワックスを塗り込んでいます。

     

これが、↓

サンダーをかけた後の木材の様子。

こう。↓

ワックスがけ1回目の様子。
木口のサンダーがけが甘かったかな・・・

      

もう少し濃くてもいいかな・・・ってことで、少しまたワックスを塗り足しました。

最後に、タワシで表面を磨いてツヤを出しつつ

ワックスをしっかり木材に定着させます。

木材の処理の工程。
(1)サンダー処理後 → (2)ワックス塗り → (3)ワックス塗り増し(4)タワシで磨いてツヤ出し、布で磨いて仕上げ。

    

     

ベビーゲートの扉の部分は、スノコで作っています。

スノコの部分の修理の様子。

ここも、息子の体当たりにより割れてしまいました。

割れを木工ボンドで雑に修理。

   

   

新しいカギは、MILK PAINT で白く塗ります。

4歳児のパワーに負けないように当然、カギは金属製を。

ベビーゲートを修理するにあたって、カギをどんなタイプにするか悩んでいました。

今回、ホームセンターで目に止まったのはこれ。その名も、ストロング掛金

このカギの色は、ペンキのホワイトと相性良さそうだなぁ・・

と思ったのでこれにしました。

    

    

左から、トップコートクリア、マルチプライマー、スノーホワイト。

愛用している MILK PAINT でさっそく白く塗ります。

 ●塗料を定着させる『マルチプライマー』を先に塗ります。

 ●そして充分に乾いてから、『スノーホワイト』を二度塗りします。

    

MILK PAINT のスノーホワイトで片面だけ、塗ったところ。↑

やはりホワイトと相性いいなぁ。 (けっきょく全面塗ってしまうのですが)

    

二度塗り後。塗りムラを楽しみます。

両面塗って、乾燥させて、カギの下準備はこれで完了です。

二度塗りした後にクリア塗料は塗らず、マット(艶消し)な雰囲気に仕上げました。

カギを使うたびに塗料が少しずつ削り落ちるでしょうが、

それが味になってくれれば ・・・という狙いです。

   

   

もうしばらく修理し続けて使えるといいなぁ、このベビーゲート。

まだまだ作業は続きます。(^_^;)

       

         

-DIY