ブログ

初心者向け! Googleアドセンス合格をした後に、やること。ads.txt の設置方法を図解付きで解説!

7月 16, 2022

Googleアドセンスを合格したら

BLOG運営初心者の収益化の最初の壁、Googleアドセンスの合格。

Googleアドセンスに関しては色んな考えがありますが、

とりあえず一つの通過点として、BLOG運営者にとっては嬉しいものですね。

      

アドセンス合格をした後は、やるべき事がいくつかあります。

しかしその中でも、「ads.txt」を作成してサーバーへアップロードするという段階で

二の足を踏む人は多いのではないでしょうか?

   

特に私のように、コードは書けないけどBLOGを運営している人たちが、特につまづいているような気がします。

  

今回は分かりやすく、「ads.txt ファイルをサイトのルート ディレクトリにアップロードする」

という作業を、文章と図解でまとめました。

    

    

ads.txt を、なぜアップロードしないといけないのか?

要注意のエラー表示

まず、Googleアドセンスのホームを開くと

「要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

というアナウンスが表示されています。このエラーを解決しないといけません。

     

また、Googleの ads.txt ガイド にも

「サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、

偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。」と記載があり、重要な作業であることがわかります。

    

「ads.txt」をきちんとアップロードすることで、広告枠を悪用される可能性を無くすことができるわけです。

    

    

ads.txt をどこにアップロードするのか分からない・・・

まず、Googleの公式アナウンスには、このように説明があります。

Google AdSense ヘルプ 「ads.txt に関するガイド」

はい、「サイトのルート ディレクトリにアップロード」とはなんぞや? というところですね。

私も意味がわかりませんでした。

   

この解決策として、いくつか方法があるようなのですが、

今回は初心者でも分かりやすく、コードを書けない人でも理解できる方法をまとめました。

   

サーバーを開いて、そこにアップロードするという方法を実践していきます。ワードプレスは使いません。

    

※今回の私の作業環境は、mixhostサーバー & Mac です。

     

    

ads.txt のアップロードの手順を分かりやすく説明します。

1】Googleアドセンスサイトより、ads.txt をダウンロードします。

 下図の部分をクリックして、作業開始です。  

 ※ads.txt 内に、自分の「サイト運営者 ID」が記載されていることを確認しましょう。

クリックする箇所
「今すぐ修正」をクリックして、ダウンロード開始です。

     

2】サーバーのコントロールパネルを開いて、アップロードします。

 作業は、mixhost の cPanel を開いて行います。

 この cPanel のURLなのですが、最初の契約時にmixhostより来た

「レンタルサーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメール内に記載のある

 コントロールパネルのURLが、まず手がかりとなるはずだったのですが、

 このURLはすでに古いものとなっているようです。

 私の場合は、このメールが2021年7月に送られてきたメールなのですが、

 すでに仕様が変わっているようです。(2022年現在)

    

 私なんて、サーバー契約後一年して初めてcPanelを開きます (^_^;)

    

 ですのでまず、 mixhost のマイメニューを開いて、cPanel へ行きます。

 mixhost のマイメニューを開きます。

 マイメニューの左上、「アクション」より「cPanel にログイン」をクリック。

mixhostのマイメニュー

   

 コントールパネルが開きます。「ファイル」から「ファイル マネージャー」をクリック。

コントポールパネルを開く

    

 「public_html」を開きます。ここへ ads.txt を、アップロードすれば、作業は完了です。

 アップロード後に、「public_html」フォルダに ads.txt が追加されたことを確認しましょう

public_htmlの場所

アップロード❺の後、ads.txt が現れます❻

      

     

アップロード後に必ず、確認すること。

キーボードの様子

 最後に、Google AdSense ヘルプ 「ads.txt に関するガイド」 にも記載があるように

 間違いなく作業を完了できたかを確認しましょう。

    

 ウェブブラウザで ads.txt の URLを開いて、確認します。

「https://example.com/ads.txt」を開き、

 ウェブブラウザから ads.txtファイルの内容を確認できれば、任務完了です。

 ※example.com の部分は自分のBLOGの URL にしましょう。

     

 お疲れ様でした!

     

▶︎次の記事は▶︎Table Of Contents Plus の使い方、設定。BLOGに目次をつくろう!

おすすめ無料プラグインをご紹介!

  

  

-ブログ